スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ニホントカゲ生まれました

バオー来訪者が再アニメ化した夢を見ました。

俺の夢は三割当たる!(こういうことを言うともう当たらないところまでテンプレ)














さて、前前回の記事の赤ちゃん達の詳細です。




一月程前からニホントカゲのメスが全く姿を見せなくなってたのでもしかして卵産んでるのかなぁ、と薄々思っていたのですがやはり産んでいました。



その日はショッピングモールに出かける予定で着替えだのなんだのしてたら母が

「さっき外に出たらニホントカゲの赤ちゃんが生まれてたよ~」

と言うので血相を変えて大慌てで炎天下の中、隔離作業に移りました。

自分は汗を吸うと膨らんでしまう髪質なので極力、外出する前には汗をかきたくないのですがそんなことは構わず急ぎました


どうしてそこまで焦っているのかというと以前、飼育繁殖したニホントカゲの赤ちゃんが親に食べられてしまった経験があるからです。


そして、それに心を折られ残った赤ちゃん達を逃がした…という事が去年あったので


もし今年子供が生まれるような事があったらそんなことを繰り返しちゃあいけないッ!


と、ニホントカゲのメスが姿を見せなくなってからずーっと思っていたのです。ニホントカゲはカナヘビと違って共食いが起きやすいので多頭飼いする場合は気をつけましょう。
大きさが一回り以上差があれば危ないかもしれません


そしてシェルターをめくったり床材を掘り起こして見つかった子供は4匹。ついでに子コオロギも食べてくれるかもしれないので一緒に隔離。ちょっと頭より大きいから食べるのは無理かも…?








もしかして既に何匹か食べられてしまったのだろうか…いや、二年続けて産卵してるし元々少ないのかも。
産卵前の栄養状態ももしかして万全じゃあなかったのかも。




































と思っていたら隔離した矢先に
コオロギがスデに捕食されているッ!





















↑この写真が一番解像度マシかもしれません。ズームして見ると小さくてもさすが肉食動物、といった風格が見てとれます





ここまでハッキリとした形で食べるとは…意外ッ!


生まれてまだ半日も経っていないでしょうに…こんなに早く餌を喰らうなんて!

たとえ小さくてさすがハンター。











さすがニホントカゲ!おれたちにできない事を平然とやってのけるッ

そこにシビれる!あこがれるゥ!



(「ジョジョの奇妙な冒険 ファントムブラッド」 少年A)


↑改めて思ったけど一体どんな脳みそをしていたらこんな小気味好いセリフを思い浮かぶんですかね…





誰に教えてもらったわけでもないのに自分で餌を食べることができる。という行為は当たり前っちゃあ当たり前なのですが、それでも遺伝だとか本能だとかの神秘さを感じてしまいますね!


この後、飼育していく中で先ほどのコオロギの他にも

幼体の頭の二倍ほどもあるエンマコオロギ幼虫

シバスズ成虫

太さ2ミリほどの小さなフトミミズ(大きさはトカゲの鼻先から後ろ足までの長さくらい)

トカゲの頭ほどの大きさのアオムシ

オカトビムシ

モリチャバネゴキブリ成虫を捕食していましたよ。


しかし羽根があるぶん、体が大きく見えるモリチャバネは少し怖いようでした。

それを改善するために小型ナイフ、やっすいカッター、やっすい小型ハサミでもベネ(良し)で羽根を根元近くで切って、飼育容器を登って脱走されるのを防ぐために前脚、中脚のフセツをピンセットで取り除きました。
※フセツを取り除かない、または前脚、中脚のどちらかだけを処理しただけでは容易に壁を登って脱走します。羽根は抜こうとすると身が千切れて活きが極端に悪くなるのでやはり切った方が良さげです




………あぁ、読む人によっては…というか大多数の人がトリハダモノなんだろうなぁ。ていうかそうでしょう。






どんどん常識離れしてくわねーあたし




(「HELLSING」 セラス・ヴィクトリア) 絵が古い頃



(絵が新しい頃。連載10年でイケメン化)



ヘルシングは置いといて休日に庭でゴキブリの脚と羽根を取り除く作業に勤しむ…仮に友人にこんな人がいたら自分でもドンドンビキビキハッ です。気持ち悪いです


だがしかしッ!俺がやらねば誰が幼体達に餌を用意できるッ!?


もしかしたらこれがカナヘビやニホントカゲの幼体の飼育に革命を起こす何かに繋がるかもしれないッ!





恥捨てがまるは



今ぞ!!




(「ドリフターズ」 島津豊久)





なんてことやってるうちにひょこひょこと土の中から残っていた幼体達が出てきて合計7匹。



よかった…こんなにいたら食べられてはいなかったでしょう…!







そして、潜った子供たちを掘り起こすついでに頑張ってくれたお母さんに餌をあげます。一ヶ月もの断食は辛かろう辛かろう。ありがとね。ご苦労様。感謝の極み





(「ヘルシング」 ウォルター・C・ドルネーズ)




お母さんには、幼体の餌を探す時にたまたま見つけた少し大きめのフトミミズ(ドバミミズ)を産後食として与えました












久々の餌に荒ぶるお母さん






荒ぶりがデンプシーロールと化すお母さん

















その時突然ッ!餌を食べるお母さんの目線の先にある土から一匹の赤ちゃんがひょっこり顔を出しました







残念ながらすぐに隔離作業に入ったためその様子の撮影はできなかったです…餌を食べ終わったら即狙われてしまうかもしれないのでそちらを優先しました









これで最後。合計すると8匹の赤ちゃん達。お母さん頑張りましたね…感謝の極み



(「HELLSING」 博士)




























そして其の後、お父さんトカゲも土の中から出てきたのでせっかくだから



大きくなったし、サイズでも測ろうかなーぼくちゃん…ルンルン!



と思って掴んだ







































瞬間ッ!




























ギャヤヤアアア!!



うううッ!
は…外してるひまがッ!歯がァ!歯がァおれの肉に食い込むゥ!!






よ…よくも!よくもきさまッ。よくもこんなァアアアアアアアーーッ!!




わ…忘れていた!子供のころからあったあなどってはいけないヤツの爆発力を!!





ジョオジョオオオォオオ!!




ふ…ふ…不死身…不…老…不…死ィ…

こんなァ~こんなァはずでは…おれのォ人生…




























































































































なあ~んてね♡



花京院!?








ジョセフ「だっ だいじょうぶなのか!?花京院!」



花京院「大丈夫ですよジョースターさん
ニホントカゲは危険な生き物じゃあありません!
ちからは強いけどちっとも痛くありませんよ!」




ジョセフ「マ、マジィ?」



花京院「少し強めにつねられる程度の力です。肉に食い込んだりはしませんし血も出ませんよ!」



花京院「しかしそれなりに力があるのは確かです。子供や女性が噛まれた時は実際の痛みよりも噛まれたことによるショックで激痛に錯覚してしまう可能性は高そうですから注意が必要ですね」



ジョセフ「確かにそうかもしれんのぅ…しかし顎の力だけでぶら下がることができるなんてすごいのぉ!見ているだけでこっちの顎が痛くなってくるわい!」




花京院「この顎の力と餌に貪欲な性質を利用した捕獲法が【トカゲ釣り】というんですよ。非常に素早いニホントカゲを傷付けずに捕獲するにはこの方法が一番です」



承太郎「ほぅ…花京院。お前、なかなか詳しいじゃあねーか」



花京院「そういう承太郎はもう知っていたようですね。ストレングス戦でも動物の生態に詳しかったようですし、将来は生物関連の学者になってるかもしれませんね」



承太郎「フン。さぁどうだろうな」



ポルナレフ「………」



花京院「おや、どうしたんですポルナレフ」



ポルナレフ「い、いや別に何でもねーよ。さぁ!さっさと次の目的地に急ごうぜ!」



ジョセフ「お?もしかしてポルナレフ、トカゲが怖いのォ~??」



ポルナレフ「ギクッ!そ、そんなわけねーだろ!」



花京院「大丈夫ですよポルナレフ。ほら、近くで見ると意外と可愛いもんですよ」



ポルナレフ「ち、近づけるなァーッ!そうだよ爬虫類は苦手なんだよ!」



花京院「まぁ、分かってましたけどね」



ジョセフ「ワハハハハッ!やっぱりなァ~!」



承太郎「あんな素振りを見て気づかねー方がどうかしてるぜ」



ポルナレフ「お、おめーらなぁ~~~!」



花京院「ハハハ、じゃあ先を急ぎましょうか!」



ジョセフ「そうじゃのう。こんな事でいつまで遊んでられんからのぅ!」



承太郎「さっさとエジプトまで行ってDIOの野郎をぶちのめしてお袋を助けなきゃあいけねーしな」



花京院「ほら、何してるんですかポルナレフ!早く行きますよ」



ポルナレフ「ま、待ちやがれ~~~!!!」
























~fin~



















































あ…ありのまま 今 起こった事を話すぜ!

「おれは ブログを書いていたと
 思ったら いつのまにかジョースター一行に乗っ取られていた。」

な… 何を言っているのか わからねーと思うが 

おれも 何をされたのか わからなかった…

頭がどうにかなりそうだった… 催眠術だとか超スピードだとか

そんなチャチなもんじゃあ 断じてねえ

もっと恐ろしいものの片鱗を 味わったぜ…










こんなキブンは初めてだ・・・

く・・・・・・・

く・・・・・・・・・・・・

く・・・・・・・・・・・・・・


くぅ~疲れましたw

じゃあない!

悔しいッ!!!
ウッガーッ!!







チャン♪チャン♪









そしてエンディングは流れ出す
↓↓↓↓↓


記事書いてる中盤まではここまでジョジョに内容持ってかれるとは思ってなかった
スポンサーサイト

theme : 爬虫類
genre : ペット

コメントの投稿

Secret

おめでとうごさいます!

ニホントカゲ繁殖成功おめでとうごさいます!
自分も2010年に繁殖に成功した時はかなり嬉しかったです。
tomoさんなら把握しているかもしれませんがハッチベビーの餌が極小サイズのイエコだとしたら餌の餌(つまりコオロギの餌)にもこだわって爬虫類専門店に売っているような高栄養のコオロギフードを使用することをオススメします。
高栄養のコオロギフードをガットローディングして、尚且つ爬虫類用栄養剤を添加すればベビートカゲに限らず成体のトカゲにも非常に優れた餌になります。
自分はこの方法で2010年に繁殖に成功したベビーと両親のトカゲを一匹も★にすることなく良好な状態で飼育出来ているのでオススメの方法です!

Re: おめでとうごさいます!

>トカリンさん

お久しぶりですトカリンさん!!!

飼育繁殖の先輩であるトカリンさんのご意見はホントにホントに参考になりますね!

コオロギの餌を下手に安い餌で済まそうとするとトカゲの成長にも影響してしまうんですよね・・・コオロギ体内の未消化物としてトカゲが間接的に摂取するケースもありますからね
自分はテトラレプトミンなどの飼料を代用として使っていましたので改めてコオロギの餌を探してみることにします。栄養剤はもちろん使用しております!
トカリンさんがどんな商品を使用しているかも気になるところですね…!

コメントありがとうございました!
プロフィール

™tomo

Author:™tomo
T.M.Revolutionとバオー来訪者、ジョジョなどの荒木飛呂彦作品、神海英雄作品、平野耕太作品、ダンガンロンパ、山賊ダイアリー、QUEEN、Diggy-MO'、生き物全般などが好きな田舎暮らしの凡人

極度のバオー愛好者。

ブログは不定期更新です。爬虫類や虫などが苦手な人はご注意。
飼っている生き物はカワムツ、オイカワ、ニホントカゲ、ザリガニ、ホトケドジョウ、ハンミョウ、イモリなど。


日本在来の生物の色彩、姿、生態に惚れ込んだため飼育する生き物はそれらが中心です。
そのため春夏秋を生き物と暮らして冬は休む生活が身についてしまいました

ジョジョ、バオー来訪者などの荒木飛呂彦作品ネタは紫色で表記



アニメ、漫画、ゲーム、音楽などはリンク欄の「晴れのちトカゲ サブカル編」で語ることが多いです

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
カレンダー
06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
来訪者数
最新トラックバック
検索フォーム
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。