スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

DIVE TO WORLD






貪欲な性格に磨きがかかってきたのか、水面に飛び込んだコオロギを補食するために自分も水に飛び込むことも厭わなくなってきました。
(食料として)愛する君と共にDive to worldなワケです。



カナヘビでもこういう行動が確認されているので特別な行動ではないと思いますが今までやらなかった行動をしているシーンを見ると嬉しくなりますね。






水容器は小さいタッパー。その中に昆虫やトカゲの万が一の溺れ死に防止として発泡スチロールを切ったものを浮かべています。

爬虫類用の小さな水容器、餌容器よりも手に入りやすくて水の保ちも良いですね。



はい、えぇ、水の保ちもいいですね



















































スポンサーサイト

コメントの投稿

Secret

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

Re: エサと気温

>ふもうさぎさん


コメントありがとうございます


登った先に寝床があり、そこをトカゲが行き来するなんて面白い飼い方をしてるんですね!むしろこちらが参考にさせていただきたいアイディアです!
何度も読み返して色々考えてみましたがその飼い方でほとんど問題ないと思いますよ!むしろこちらの飼育環境よりも格段に良いかと…!

ただ、寝床である植木鉢の側面に陽が当たりすぎていると中まで温まりすぎてしまう可能性が少しだけあるように思えます。万が一を考えると葦簀や新聞紙などなんでも良いので植木鉢の部分だけ日陰になるようにケースの外に設置すると良いかもしれません。
その際、飼育ケースが上部を塞いで通気性が悪くなると蒸れて危険ですがふもうさぎさんの飼育環境は通気性に気をつけてらっしゃるようなので全然心配無さそうですね

大きさと尻尾の色から察するにまだまだ完全な成体になっていない様ですね。
それならたくさん餌を欲しがる時期でしょうから餌やりも今のままのペースで大丈夫です!自分は与えすぎとは思いません!
幼体のうちは欲しがるだけ餌を与えるのがベストだと個人的には思っております。


自分の家は水槽が置ける日当たりがちょうど良い場所が無いので成体の飼育ケースは午後のみ陽が当たる窓辺に、幼体は日陰であるガレージ内に置いています。

成体の飼育ケースには暑い時間帯でもトカゲが自分の意思で湿度や温度がちょうど良い場所に移動できるように土の厚い部分と薄い部分を作っています。ちょうどケース内に緩い斜面ができているような環境です。(ホントは成体達の生息地に似せているだけなのですけど)
成長が止まって肥満気味なオスは3日に一度大型のバッタを、産卵を終えて痩せ気味なメスは2日に一度同じく大型のバッタやミミズ、コオロギなど色々与えています。
今の個体はこの方法で3年ほど飼育しています。


熱中症になりやすい幼体は常に日陰で飼育し、3日に一度ほどこちらが見守りながらの10〜30分の日光浴をして餌はコオロギやバッタ、ミミズを毎日欲しがるだけ与えてます。
日陰飼育に関しては少し改善した方がいいかも…と思っているので近々変更するかもしれません…


こちらのコメントがズレた解答だったり不明な部分があればまたコメントしてください。
お子さんの自由研究の健闘を祈っております!!

ありがとうございました。

お忙しい中お返事いただきありがとうございました。

植木鉢が熱くなることは考えつきませんでした。
アドバイスいただいたように通気性も考えつつ日陰
になるようにしようと思います。

当初は登り木はなく、植木鉢の下から這い上がって
いましたが、なんとなくつらそうで…。(笑)
庭に、幅が広い薄い木があったので、入れてみたら
よかったようで行き来するだけでなく、その上でよく
ひなたぼっこしています。

本当、食欲旺盛でたくさん食べて、久しぶりに見た母
に大きくなったね~、太りすぎじゃない?と言われて
不安になりましたが大丈夫のようで安心しました。

tomoさんのように、土で高低差のあるお家作りをすれ
ば一番、温度の面では安心できそうですね。
冬場は高低差をつけヒーター敷いた部分もありで冬眠
させました。

ミミズも食べるなんて驚きです。ミミズは私的には微妙
ですが(汗)、自由研究の題材ですし、小さいミミズや
バッタも食べるみたいだよと子供に話してみようと思い
ます。去年はまだ小さく、小さいバッタには見向きもしま
せんでしたけど今年なら食べるかもしれませんね。

3年も育てているなんて!。なかなかトカゲの飼育情報
は少なく貴重なので、また参考にさせていただきますね。
ありがとうございました。

Re: ありがとうございました。

>ふもうさぎさん


いえいえこちらこそありがとうございました!貴重なアイデアをいただけたのですから!


偶然の木の発見が今の飼育環境を作ったのですね!石やコンクリートよりも木のほうがほどよく温まるのでこれまた理にかなってますね・・・!!



個体差があるのでミミズを食べない個体ももちろん存在しますが、それでもカナヘビよりは好んで食べてくれます!
自分はミミズが苦手だったのですがシャベルやピンセットで扱っているうちに嫌悪感がだんだん薄れて今では平気になりました!でも積極的に直に触ることはしませんね…(笑)



身近でポピュラーな種類のはずなのに中々情報が少ないですよね…ニホントカゲ自身の気難しさや継続的に生きた虫を与え続けなければいけない面倒さが影響しているのかもしれませんね



こんなブログですがまた観に来ていただけるなら嬉しいです!ありがとうございました!
プロフィール

™tomo

Author:™tomo
T.M.Revolutionとバオー来訪者、ジョジョなどの荒木飛呂彦作品、神海英雄作品、平野耕太作品、ダンガンロンパ、山賊ダイアリー、QUEEN、Diggy-MO'、生き物全般などが好きな田舎暮らしの凡人

極度のバオー愛好者。

ブログは不定期更新です。爬虫類や虫などが苦手な人はご注意。
飼っている生き物はカワムツ、オイカワ、ニホントカゲ、ザリガニ、ホトケドジョウ、ハンミョウ、イモリなど。


日本在来の生物の色彩、姿、生態に惚れ込んだため飼育する生き物はそれらが中心です。
そのため春夏秋を生き物と暮らして冬は休む生活が身についてしまいました

ジョジョ、バオー来訪者などの荒木飛呂彦作品ネタは紫色で表記



アニメ、漫画、ゲーム、音楽などはリンク欄の「晴れのちトカゲ サブカル編」で語ることが多いです

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
来訪者数
最新トラックバック
検索フォーム
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。